合唱

 もう一つ、本校の生徒たちが伝統として受け継ぎ、誇りとしているものに「合唱」があります。一年中を通して、校舎内に歌声があふれています。
 本校では、1年間を通し、毎月1回、生徒会合唱委員会が中心になって「合唱朝会」を行っています。合唱委員や3年生リーダーが前に立ち、発声練習から始まり、学年合唱や全校合唱などを披露しあいます。合唱の後は反省点を述べ合ったり、先輩から後輩へアドバイスがあったり、とても充実した朝会です。4月に入学した1年生が、先輩たちの真似をしながら、本格的な発声練習をしている姿を見ると、「中学生らしくなってきたなあ。」と微笑ましくなります。

 全校合唱では、令和元年度は「信じる」、「群青」などに取り組みました。「群青」は、曲が生まれた背景(福島県南相馬市立小高中学校のこと)などについても学びます。きれいなソプラノや重低音のバスが響く全校合唱の「群青」を聴いていると、胸が熱くなります。
 また、令和元年度は、令和2年3月の東日本大震災アーカイブ語り部シンポジウム「かたりつぎ」に向けて「camellia〜椿のうた〜」にも取り組みました。これは、素敵なアカペラユニットXUXU(シュシュ)とコラボで歌った曲です。当日は新型コロナウイルスの影響で全校生徒がステージに立つことはできなかったのですが、事前練習のビデオ映像(学校の体育館で撮影)を流していただいて、XUXUの皆さんと歌うことができました。これも忘れられない思い出になりました。

 令和元年度は特筆すべき曲がもう1曲生まれました。本校の昭和42年度卒業生で作る「舫いの会」(代表:里神淳氏)が中心となった同窓生たちが、母校や古里に対する熱い想いを歌という形で創り上げた曲「坂を登れば」という曲です。作詞は42年度卒業生の菊池文雄氏です。この曲の合唱バージョンに、令和元年度全校で取り組み始めたのです。そして、8月30日に「桑原裕子さんのコンサート」と一緒に、初めて全校合唱という形にしました。令和元年10月27日の文化祭では、客席があふれるほどの保護者や地域の皆様、同窓生の皆様に披露し、たくさんの拍手をいただきました。昭和の時代の大中生が創った歌を令和の時代の大中生が歌う・・・「大中賛歌」とも言える曲です。大切にしたい曲の一つになりました。「舫いの会」の皆様、同窓生の皆様、ありがとうございます。

仕切り線

 トップに戻る
Copyright(C) 2019 大船渡市立大船渡中学校