郷土芸能

 「大船渡中学校と言えば郷土芸能」と言われるほど、本校と郷土芸能は深い関係にあります。
 昭和60年、学校と家庭と地域が「共に理解し合えるもの」、「共に創るもの」、「共に感動を味わえるもの」として、郷土芸能を文化祭に取り入れました。それから34年。今も本校の文化祭の中心的存在は郷土芸能発表です。文化祭約1か月前から、平日は毎晩、学校の体育館や多目的ホール、美術室、中庭等を使って、4地区の保存会の指導者の方々がたくさんいらっしゃって、夜8時頃まで練習をします。そして、文化祭当日は4つの郷土芸能とも大人顔負けの見事な演舞を披露します。
 平成23年3月の東日本大震災津波で衣装や道具をほとんど流失してしまった保存会も多くありますが、地区民の努力や結束力、そして県内外の多くの皆様のご支援により、途切れることなく活動することができています。
 本校の郷土芸能は、他に誇れる「特色ある教育活動」となっています。
 下の写真は令和元年度大船渡中学校文化祭(2019.10.27)より

笹崎鹿踊り

赤澤鎧剣舞

平七福神

地ノ森権現舞
 下の写真は「郷土芸能・PTA合唱20周年記念誌」(2005.11発刊)より
赤澤鎧剣舞 地ノ森権現舞
平七福神 笹崎鹿踊り

仕切り線

 トップに戻る
Copyright(C) 2019 大船渡市立大船渡中学校