11月18日 防災に関する学習

 大船渡市防災管理室の次長さんをお招きして、5年生の子どもたちが防災について教えていただきました。震災当時の様子とその後(被害、生活の変化、市の取組み等々)を詳しく教えていただいて、子どもたちにとっては得るものが大きい学習になったように思います。 ※ 1時間の学習の中で子どもたちが一番驚きの声を上げていたのは、震災後に変わり果てた市街地の様子の写真でした。(震災については)どの子もこれまでに大人たちから聞かされて来ているのでしょうが、やはり実際に目にすると、その印象は強烈なものだったようです。

「自分の命は自分で守る」このことが今日繰り返し話されていたことです。いざというときに、正しく判断し適切な行動ができるように、今後も指導は継続していきたいと感じました。

 

 今日も長縄練習、がんばりました。失敗をしても認め励ましてくれる優しい盛っ子たちです。

2020年11月18日