11月13日 毎朝のひそかな(?)楽しみ

 寒くなってきましたが、毎朝ひそかに楽しみにしていることがあります。 1つめは、もちろん子どもたちとの「おはようございます。」の挨拶です。正直なところ「挨拶」については、まだまだ課題であるととらえています。でも、だんだん大きな声の挨拶が聞こえるようになってきたこと、子どもたちの方から声をかけてくれる場面が増えてきたことなど、少しずつ手応えも感じてきているところです。・・・ということで、毎朝の挨拶は一番の楽しみです。 2つめは、昇降口前階段の掃除を手伝ってくれる子が数名出て来たことです。「ありがとう。」「助かったよ。」などとこちらも声をかけることができるのが嬉しいです。 3つめは、発見を知らせてくれる子どもたちです。最近は、「落ち葉に霜がおりていました」と言って葉っぱの表面にうっすらとかかる霜を見せてくれたり、「こんな葉を拾ったよ」と見せてくれたりしています。「子どもたちの目」は本当にすごいといつも感じています。

 今日の学習も一生懸命でした。(今日は全学級回ることができました。) 1年生はひき算の学習と書字の練習、2年生は音読の練習、3年生は距離や道のりの学習と感謝の手紙の作文、4年生は習った漢字の活用、5年生はテストとその直し、6年生はペアによる学び合い(算数)でした。

2020年11月13日