7/4 「活動」の大切さ

 昨日までのような強い日差しでもなく、いく分過ごし易い一日だったのではないでしょうか。プールから戻ってきた職員に声をかけると「ちょうど良い水加減」と話していました。
 今日は、1,2校時に各学級の学習の様子を見て回りました。いつもと変わらず一生懸命にがんばっている子どもたち…、本当にたのもしく感じられます。ごく当たり前のことですが、先生が問いかけや指示を行って、それにしっかりと応えていく…、その積み重ねによって、このようにたくましく育ってきているのだと思います。
 明日からの2日間は、八戸に出張の為、子どもたちの様子を見ることができないのが、何とも残念。きっと、いつもと同じようにしっかりと活動し、経験値を積み上げていってくれるものと思います。(校長)
◆1年道徳「苦手がことがあったら…。そのときの対応について考えました。がんばることの大切さを感じ取った子が多かったようです。」
◆2年国語「黒板に素敵な詩(?)が書かれていたので紹介します。言葉の遣い方について、みんなで考えたようです。」
◆3年算数「いつもどおりまとめまで、しっかりと自分たちの言葉でまとめていました。わり算名人がどんどん増えてきていますね。」
◆4年理科「電流の向きによって、プロペラの回り方が変わることを確かめていました。『もっと時間を下さい。』と意欲的な子どもたちでした。」
◆5年算数「2つの教室に分かれて、学習しています。どちらの教室も同じ内容なのですが、人数が少ない分、集中力も高まっていたようですね。」
◆6年国語「パンフレット作りに向けて、表現の工夫を見つける学習でした。担任の想定を越えるたくさんの工夫を見つけることができました。」

2018年07月04日|年月:2018年7月