7/11 成長を感じます…

 今日も梅雨らしく、大変蒸し暑い一日になっています。当然のこととはいえ、どの時間でもしっかりと学んでいる朝日子たち、本当に素晴らしいです。
 可能な限り教室に足を運ぶようにしているのですが、ふと「ずいぶん大きくなったなぁ…」と感じる場面がたくさんあることに(本当に今さらなのですが)気づかせられました。例えば、1年生…、これはもう別人(?)ですね。今では、ちゃんと話を聞くこと、失敗してもくじけないが当たり前になっています。お隣の教室の2年生…、こちらもけじめがついていて仲の良さが伝わってきます。他の学年もそれぞれ立派に…、詳しくは「校報 朝日子」の方に書きますね。とにかく成長が感じられ、「大変嬉しい」ということです。(校長)
◆1年算数「10より大きい数の勉強でした。ブロックを置きながら、『10といくつ』という数え方を確認していました。」 
◆2年国語「自分で考えた問題をグループ内で出し合っていました。よほど楽しい問題なのでしょう。みんなニヤニヤとしていました。」
◆3年算数「どんどん問題を解いて指導者のところへ…。いつも学習意欲が旺盛で、本当にすごいです。」
◆4年理科「畑のヘチマの世話を行いました。近づいていくと『すごいでしょ!』と自慢の一言。ヘチマだけじゃなく、『協力する態度』も育っていますね。」
◆5年国語「委員会活動の報告書を発表し、感想を出し合っていました。こういうとき(最初から割り当てられていなくても)感想を話すことができるのは素晴らしいですね。海の子では、漢字パズルに挑戦。こちらもよくできていました。」
◆6年算数「3年生と同じように、こちらも問題をどんどん解いていきました。日々、集中力が高まってきているので、本当に頼もしく感じられます。」

2018年07月11日|年月:2018年7月