12月11日 九九マスターに挑戦!

 九九を勉強した2年生は、現在、九九マスターに挑戦中です。九九マスターになるためには「9×1=9・・・9×9=81」の上がり九九、「9×9=81・・・9×1=9」の下がり九九を1の段から9の段までそれぞれ20秒以内に言えること、「9×8=72、9×4=36・・・」のようなばらばら九九を1から9の段まですらすら言えることが条件です。さらには、家の人に合格をもらう他に、先生にも合格をもらわないとマスターにはなれません。

 休み時間には、たくさんの子どもたちが職員室や校長室にテストを受けにやって来ます。大人でもなかなか難しい九九マスターの道を子どもたちは笑顔で楽しみながら挑戦しています。失敗しても何度も挑戦するがんばりやの子どもたちです。



 5・6年生は今、詩吟に取り組んでいます。末崎小学校では、平成3年から詩吟に取り組んで30年の歴史があります。毎年、練習の成果を学習発表会で披露しているのですが、今年はコロナ禍により発表会はなしになりました。それでも、伝統ある取組を大切にしようと、練習期間を3回のみとし、声は極力抑えて学んでいます。講師は、詩吟の全国大会で日本一に輝いた碁石吟詠会会長の武田隆様。そして、前会長の菊池平八郎様、事務局長の村上征一様にもお手伝いいただいています。ありがとうございます。

 

2020年12月11日