12/17 しっかりとみられるように

 今日は全学級を回ることができました。子どもたちのがんばりはいつも通りですが、嬉しく感じられ、また考えさせられたのは、子どもたちからの「みて!(見て&観て&視て)」の感情です。「こんなにできるよ」「このくらい上手になったよ」などと、自慢そうに子どもたちは訴えてきます。「〇〇くんが~しました」などと訴えもします。様々な「みて!」に対して100%は無理にしても、可能な限り誠意をもって応えていく…、そのことへの思いを強くした一日でした。(なんか難しい書き方になりましたが、「まぁ、めんこい!」ということです。😊)

今日の学習の様子

◆1年「体育 なわとびの様々な技に挑戦。」 ◆2年「算数 インフルエンザ予防でしょうか、机と机の間を広くとって、よく集中していました。」 ◆3年「国語 発表の練習。教室に入って行くと『校長先生、良いタイミング』と話し、得意そうに話していました。」 ◆4年「外国語活動 お店屋さんに行き果物を買う練習です。恥ずかしそうに、でも楽しそうに話していました。」 ◆5年「算数 明日のテストに向けて、問題をたくさん解いていました。できるだけ独力で進めていけるように…、集中力も大切です。」 ◆6年「理科 パソコンの教材も使いながらよく集中して聞いていました。疑問に思うことを呟くのはきちんと取り組んでいる証拠ですね。」

2019年12月17日