12/4 充実した児童朝会

 火曜日の朝は、全校朝会や児童朝会を行うこととしています。今朝は児童朝会の日でした。
 執行部の「YGRK5」や「いじめ防止」に関する呼びかけ、運動委員会の「なわとびの師範」ボランティア委員会の「赤い羽根共同募金」のお願いなど、たくさんの活動の成果が見られました。さらに、4年生から5年生へのドッジボール対決のお願いも…。これらの発表のとき一番感心させられたのは、お世話になっております。お話をする子どもたちが全員、「ノー原稿」で(極力原稿を見ないで)話をすることができたことです。
 実は、これまではどの子も原稿を見て顔を下に向けていたことが、ずっと気にかかっていたことでした。これまでにも4年生の子で発表のとき「ノー原稿」を心がけている子が見られたのですが、その良さが全体のものに広がってきたのかもしれません。学年の枠を超えて、お互いに学び合う姿勢…、さすが末小の子どもたちですね。(校長)

 

◆1年 国際理解教室「ALTの先生と一緒に数や色の単語を学びました。Good job!でした。」
◆2年 算数「私が教室に入って行ったときは、テストを終えるところでした。この後、残った時間、九九の練習をがんばりました。」
◆3年 算数「練習問題をみんなで解き答え合わせをしていきました。円の半径や直径の学習、よくがんばっていますね。」
◆4年 体育「なわとびの練習をがんばりました。2月初めのなわとび大会に向けて、『冬場の体力づくり』を兼ねてがんばってほしいです。」
◆5年 算数「三角形の面積を求める学習の続きです。底辺に対する『高さ』をきちんとおさえることがポイントですね。がんばりましょう。(海の子学級については、今日は『たのしいつどい』でお出かけです。後日、様子を聞きたいと思います。」
◆6年 国語「『柿山伏』という狂言の学習です。独特の言い回しもあり、難しいものですね。難しい教材に取り組む姿に、中学校進学を控えていることを感じさせられます。」

2018年12月04日