3/11 朝日子集会

 今日は3月11日、あの大震災からちょうど8年間が経過したことになります。未曽有の大災害により、わたしたちは大切な命、家や仕事など、実に多くのものを失いました。改めて哀悼の意を表するとともに、御見舞い申し上げます。

 失ったものは決して元通りにはなりませんが、日々一日一日の積み重ねにより、少しずつではありますが、復興に向けての歩みは進められています。今日は、朝日子集会という全校集会を行い、子どもたちに「8年前に起きたことと、その後の支援」と「『ありがとう』の言葉がキャッチボールのように行き交う生活」が、一番良い復興の形であることを伝えました。

 3年生以上の各学年によるこの1年間の復興教育の発表も行いました。子どもたちなりに、命を守るためにできること、心構えなどを発信していて大変立派でした。

 これから先もずっとずっと、「3.11」はやって来ます。決して風化させず、未来にわたって命を守り、明るく楽しく生活することができるよう、指導していきたいですね。各ご家庭でも、子どもたちの実態に合わせて適切なご指導をしていただきたいです。よろしくお願いします。(校長)

2019年03月11日