2/5 ありがとうの会

 この度、末崎町公益会様から、末小ソーランの衣装(今回新調した長半纏)30着と授業で使用する拡大プリンタを寄贈していただきました。
 長半纏については、昨年の敬老会でソーランを踊っていた子どもたちの様子を見た老人クラブの会長様が「半分しか子どもたちが半纏を着ていないので全員に着せてあげられないか」と提起したところから、この度の寄贈に至ったものです。公益会様のご理解をいただいたので、職員(副校長!!)がデザインし市内の業者に発注して作った自慢の半纏ができあがりました。
 拡大プリンタについては、本校に設置されていたものが長年故障のため使用不能の状況にあり、現有しているカラープリンタも老朽化が著しくコストも非常に高いことから使用するにあたって制限が大きいことから、大変不便をしているという話を着任当初から職員に聞かされていたところでした。こちらも公益会様にお願いしたところ、「子どもたちのためなら…」とご理解をいただき、購入することができました。早速授業でも使わせていただいているところです。
 物心両面において、常日頃から地域の皆様には強いお力添えをいただいていて、本当に心強い限りです。今日は、朝会時に公益会の代表の方2名をお招きして、「ありがとうの会」を開催いたしました。真新しい衣装を纏った6年生と、平成28年にやはり公益会様からご寄贈いただいていた半纏を纏った5年生の子どもたちが、元気いっぱいにソーランを踊り、しっかりと感謝の気持ちを届けることができました。(校長)

 ソーランの半纏をいただいて思わず笑みがこぼれます。その後、「ありがとうの会」のリハーサルも兼ねて体育館で踊ってみました。(昨日の5校時のことです。)


 ありがとうの会本番では、お客様(公益会理事長様、副理事長様)、そして1~4年生の前で、力強く舞いました。「ありがとう」の気持ちをしっかりと伝えられた会にすることができましたね。



☆今日の学習の様子
◆1年 「学級活動 今月15日に予定している一日入学について『来年度入学する後輩たちと何で遊ぶか、気をつけることは…、など話し合い。優しい意見も出されていましたよ。』」
◆2年 「国語 私が教室に入っていったときは、テストを終えた子どもたちが読書をしていました。」
◆3年 「算数 ×80のような筆算のときの計算の工夫について学習しました。子どもたちは『簡単だ』と意欲満々でした。」
◆4年 「体育 開脚跳びの学習でした。少し苦手でも、どんどんチャレンジしていく姿に大変感心させられました。」
◆5年 「算数 正八角形の性質についての学習をしました。実際に自分自身で確かめるって大切だと改めて感じました。」
◆6年 「外国語活動 英語を習っている子どもたちは様々な単語を知っているからやはり強いですね。英語を聴き取る耳が少しずつ育ってきています。」

 

 5校時には、学校薬剤師の先生をお招きして薬物乱用防止教室を実施しました。薬物というと覚醒剤などの違法薬物思い浮かべる子が多いのですが、そのきっかけとなるのが未成年者の飲酒・喫煙・医療薬の不適切な使用等であるということを知って、子どもたちは大変驚いていました。授業で行ったアンケートでは、風邪薬などを正しく飲んでいない事例の子もいるようです。今日の学習を生かしてこれからは正しく服用するようにしていきたいですね。
 また、私自身、とても驚かされたのは、「当気仙地区においても薬物乱用に係る事件は毎年2~3件は起きている。遠い世界の話ではなく、身近な問題である」というお話です。しっかりと当事者意識をもち、きっぱりと断る強い意志を子どもたちに育てていきたいものだと強く感じました。

2019年02月05日