10/17 忙しいときだからこそ

 学習発表会練習にも一段と熱が入って来ました。担任の先生方も子どもたちも目の色が変わってきて、その一生懸命の様子が好ましく感じられます。
 一つ気になるのが、忙しいときって、何かトラブルも起きる場合が多いということ。たぶん過重なストレスがかかったり目が行き届かなくなったりするからだと思いますが…。
 だから、この時期、一番大切なのはけじめをつけることです。言い換えるとメリハリをもって取り組むということです。「学習発表会だけ」ではなく、ONとOFFを上手に使い分けて、学校生活のリズムを崩さないということ。
 今日も各学級を回ってみましたが、どの学年もよく取り組んでいたように思います。忙しいときだからこそ、自主性を尊重して「時間」と「場」を大切にした活動をさせていきたいと思っています。(校長)
◆1年 国語「『くじらぐも』の学習で、くじらぐもに伝えたいことをワークシートに書きました。書き終えて、色塗りに夢中な1年生の子どもたちでした。」
◆2年 算数「今日の算数でもタブレットや電子黒板を使って答え合わせをしていました。ICT機器ってすごいですね。」
◆3年 図工「ペットボトルを切って貼り合わせて、お城のような立体作品に仕上げる学習でした。誇らしげに作品を見せてくれました。」
◆4年 算数「概数を用いて、様々な場面で見積もる学習です。端数の処理の仕方は、四捨五入以外にも『全て切り上げ』『全て切り捨て』などもあります。上手に使い分けられるようがんばりましょう。」
◆5年・海の子・6年 「体育館使用割り当てに従って、それぞれ担任たちの熱い指導が行われていました。さすが高学年の子どもたちは声量がありますね。できるだけゆっくりと話すこともがんばりましょうね。」

2018年10月17日|年月:2018年10月