6/18 漢字マスター表彰

8日(金)に実施した漢字マスターテストで初回満点を取った子どもたちに賞状を授与しました。本来であれば全員に直接手交したいところなのですが、人数が多いので、各学年代表の子どもたちに渡し、代表以外の子の分はそれぞれの学級で渡していただくことにしました。
 マスターテストは、学習を支える大切な力である漢字や計算について速く確実にできるようにすることを目的にしています。問題や出題範囲等は事前にお知らせしているので、練習すればみんな100点満点を取れると確信しています。読み書きや計算に加えて、努力する力も育てたいと考えています。今週金曜日には、計算マスターテストも行います。できるだけたくさんの子が満点を獲得して、賞状づくりに嬉しい悲鳴を上げるような感じになればいいなぁ…と願っているところです。
 午後になって、毎年ボランティアで学校にお花を寄贈して下さっている方が来校し、ペチュニアやケイトウ、サルビアなどたくさんのきれいな花苗をくださりました。お話を伺うと、5年くらい前から本校に来てくださっているということ。変わらず心を寄せてくださっていること、大変ありがたいですね。ボラティア委員会の子どもたちを中心に植えていきたいと感じています。(校長)
◆1年 体育「シャトルラン(スポーツテストで行う持久走)の練習をがんばりました。」
◆2年 算数「100のたば、10のたば、1の個数などを数えて、大きな数を表す学習でした。」
◆3年 社会「先週金曜日に訪問した校外学習の施設に向けて、お礼の手紙を書きました。」
◆4年 図工「交通安全ポスターを描きました。丁寧に塗っていましたヨ。」
◆5年 算数「小数のかけ算のプリントの直しや新しいプリントなど、意欲的に取り組みました。」
◆6年 国語「読書について振り返る学習をしています。今日は『これまでに読んだ中で自分自身に影響を与えた本について』本をあまり読まない子は少し大変そうでした。」

2018年06月18日|ブログのカテゴリー:2018年6月