12/7 予防の徹底を

 予防の手立ては行っていたところでしたが、インフルエンザにかかった子が出ました。できるだけ症状が軽く済み、所定の出席停止期間後に元気な顔を見せてくれることを願っています。どうぞ、お大事に…。(がんばって予防していただいていたところなので、本当にかわいそうに思います。)


 インフルエンザによる出席停止期間については、学校保健安全法施行規則によって次のとおり定められています。
「インフルエンザ発症後5日間を経過し、かつ、解熱した後2日間(幼児にあっては3日間)経過するまで」
 つまり、小学生については、発熱等の症状が出て「インフルエンザと診断された日」を「0日め」とカウントし、その後5日間を経過していること、また、熱が下がってから2日間ということで、この条件をクリアしていないうちは、元気になっても保菌者の可能性があるということになります。
 例えば、日曜日の夜に発熱し、月曜日に病院でインフルエンザと診断された場合は、火~土曜日までで5日間という数え方で、その間は出席停止期間となり登校することができなくなります。
 大きな流行を防ぐためには、以上のことにご協力いただくとともに、引き続き予防について万全を尽くしていただくよう、どうぞよろしくお願いいたします。(校長)
◆1年 算数「10より大きな数の数え方の学習です。10のまとまりのよさを実感させながら数の概念を拡張していきます。」
◆2年 体育「足を交互に動かしたりして、様々な動きでなわとびを楽しみました。子どもたちの覚えの早さも光っていました。」
◆3年 学級活動「休み時間の事例をもとに、いじめにならない遊び方、行動の仕方についてみんなで考えました。」
◆4年 理科「プリントをもとに復習をしました。先生自作のプリントに集中して取り組みました。」
◆5年・海の子 国語・算数「5年生では国語の学習。生活の中の問題点について、現状や対策などを話し合い、文章にまとめていく…、今日はその『話し合い』の段階です。海の子は平行四辺形の面積の学習。底辺に対する高さの見つけ方を考えました。」
◆6年 理科「『てこの働き』の学習のまとめとして、テストに取り組んでいました。体調を崩す子が目立ってきているので、『全員マスク着用』を徹底です。」

2018年12月07日