6/13 宿泊体験学習1日目

 朝方の雨もすっかり上がり、予定より5分早く出発した5年生22名。無事に青少年の家に着き、順調に活動を進めています。  まずは『野外炊飯』。例年1日目の夕食作りとしての活動でしたが、今年は1番はじめの活動です。家庭科で練習しただけあって、とてもスムーズで、かまど係もみんな一発で着火!初めての飯盒炊きご飯も上手にできました。とても美味しくいただきました。みんなで力を合わせて作ったものを全員で食べるって最高ですよね。 2つめの活動は『ウォークラリー』。「広~い山や森の中を、グループの仲間と一緒に、地図を見ながら、チェックポイントをクリアしていく」活動です。チームワークが大事になってきます。10年以上前にわたしがある学校で担任したクラスのエピソードです。1つの班がすっかり道に迷ってしまいました。どうしようか相談した結果3つの意見が出たそうです。「とりあえず進む」、「来た道を戻る」、「この場所で助け(担任)が来るのを待つ」。その子の生き方(?)が出ますよね。みなさんならどうするでしょうか。末崎の子たちはというと、Bコースのチームが行き先を間違えて逆に進むハプニングもありながら、クイズには何とか答えてゴールしました。予定より30分くらい早く回ることができました。チームワーク抜群でしたね! 天気も最高です。ベッドメイキングもバッチリです。このあと、夕食を館内で食べ、いよいよキャンプファイヤーで盛り上がります!続報は明日。乞うご期待!  (志田)

2018年06月13日|ブログのカテゴリー:2018年6月