6/19 教育の森に感謝

 昨日、朝、登校時に3年生の男の子が大きな板を抱えていたので何に使うのだろうと不思議に思い、聞いてみると「教育の森に家を作るんです」という答えでした。今日は、1,2校時に早速活動が行われていました。(図工の学習の一環です。)

 豊かな発想は、十分な時間や場を通して生まれてくるものだと思います。大変、貴重な学習の場が自然に準備されている末崎小の素晴らしさを改めて感じたところでした。そして、教育の森を準備してくださった末崎町公益会を始めとする地域の皆様方に改めて感謝申し上げたいです。「ありがとうございます!」

 

 生活科でアサガオの観察。とても上手に描いていた子もいてびっくりしました。

 

 先生にプリントをチェックして欲しくて長蛇の列。みんな自信満々です。

 

 一文読み(リレー読み)で、教科書を音読していきます。家での練習も大切ですね。

 

 図工では針金を使ったしかけのおもちゃ作りです。どんな作品に仕上がるか、楽しみです。

 

 算数で600÷3の計算の学習。明日は研究授業です。ふだんどおり、がんばれるとよいですね。

 

2019年06月19日