5月15日 遊び場がいっぱい

 末崎小学校には、学校の敷地内に遊べる所がたくさんあります。校庭、中庭、そして校舎の裏手には「教育の森」という素晴らしい場所があります。

 この「教育の森」は、今から48年前の本校創立100周年時に末崎町愛林公益会様からご提供いただきました。活動しやすいようにと伐採をし、落下防止ネットなども設置してくださいました。子どもたちは険しい坂もなんのその、元気いっぱいに遊んでいます。 


 普段から自然の良さを体感している子どもたち。ある日の休み時間に「校長先生、上を見てください」と声を掛けられました。見上げてみると、空一面に写真のような雲が。

 

 自然の不思議に気付き、またその感動を伝えてくれる子どもたちです。

 また、今日は、「昔を語る会」事務局長の新沼紀三様が6年生に末崎町の歴史について教えてくださいました。碁石遺跡や貝塚、末崎城など、貴重な資料をもとにお話をしてくださいました。「ふるさとを知る」ことは「ふるさとを大切にする」ことにつながります。次は実際に外に出て学びを深めていきます。

 

2020年05月15日